DIY・修理

家庭でよく見るコンセントをDIYで交換・修理してみたよ

一般的な普通のコンセントを交換しよう

家庭で一番よくみる、このタイプのコンセントを取り替えます。この作業は電気工事士の資格が必要ですので、ご注意ください。

必ず、ブレーカーを落としてから作業しましょう。

必要な道具類

  • プラスドライバー(必須)
  • 先端の長さが5.5mmのマイナスドライバー(必須) ※後述しますが、5.5mmより太いと既設スイッチの配線の取り外しが難しくなります
  • 作業用手袋(できれば) ※電気を通しにくいゴム製のものが望ましいです
  • メガテスター(できれば) ※取替作業終了後に念のため絶縁を測定します
  • 検電器(無くてもよい) ※確実にブレーカーを落として作業しましょう
  • ケーブルストリッパー(無くてもよい) ※配線を剥く際に使用する可能性があります
  • 圧着ペンチ(無くてもよい)
  • ペンチ(無くてもよい) ※配線を切断したりする際に使用します
  • テスター(無くてもよい)
  • 紙やすり(無くてもよい) ※配線の芯線部分(胴の部分)が錆びている場合に磨きます
  • カッターナイフ(無くてもよい) ※スイッチがうまく収まらない場合、石こうボードを削るのに使用します

交換部品

  • フルカラー埋込ダブルコンセント WNP1302MWP
  • フルカラーコンセント WN1302P
  • フルカラー取付枠
  • フルカラーモダンプレート3コ用
  • フルカラー 石膏ボード用はさみ金具(7~18mm壁)

交換手順

まずは表面のカバーをマイナスドライバーにて外します。

枠を取り外します。

コンセントを取り外します。

既設のコンセントを手前に引き出しました。壁の石膏ボードに固定するための、はさみ金物が付いています。

こちらが取替するコンセントです。

このようなはさみ金物を使って、新しいコンセントを石膏ボードに固定します。

既設コンセント裏側の配線外し穴にマイナスドライバーを差し込み、既設配線を取り外します。その後、写真のように配線を差し込みます。必ず、「W」と書かれている方に白線を差し込むようにしましょう。

このように、はさみ金物をコンセントに取り付けます。

はさみ金物とコンセントの枠を石膏ボードに挟み込んで固定します。プラスドライバーを閉めこみます。

新しい枠を取り付けます。

カバーを取り付けます。

検電器(電圧が流れているか確認できる機器です)で電圧を確認します。コンセント差し込み部分左右の長さが短い方(写真の右側)に電圧が掛かっていることを確認します。家庭のコンセントは必ず、差し込み部分左右の長さが短い方にのみ電圧が掛かっています。写真左側の長い方は中性線側となっており、大地(アース)に繋がっています。

最期に、テスターで電圧が100Vあるか確認しましょう。以上で、コンセントの取替完了です。

アースターミナル付きのコンセントを交換しよう

冷蔵庫のコンセント等でよく見かけるコンセントです。このタイプのコンセントを取り替えます。

普通のコンセントと同様の手順で、コンセントを手前に引っ張り出します。緑の線はアースターミナル用のアース線です。

既設のコンセントを取り外します。

新しいコンセントに配線を差し込みます。

完成しました。手順は普通のコンセントの場合とほぼ同じです。

 

次回は、アース付コンセントの取替についてご紹介します。

資格のことから身近なことまで、電気に関する質問を募集していますので、何かありましたらコメントまでよろしくお願いします。面白い質問があれば記事にしたいと思います。

ABOUT ME
sumato
sumato
電気関係の仕事をしています。設計・積算・現場管理など。資格マニアです。 【取得済】 電験三種・エネルギー管理士・第二種電気工事士・消防設備士乙6 【受験中】 1級電気工事施工管理技士(一次試験突破)・ 電験二種(一次試験突破の見込み)